六弦と四人組の部屋〜ビートルズ奏法研究所

ビートルズ(The Beatles)の楽曲における、ギターでの奏法解析やコード進行の分析など。コピーバンドや、コード進行の勉強に役立ちます。

Rubber Soul

Nowhere Man

ジョンが行き場のない自分を曲に投影した一曲。この頃からジョンの曲は極端に内省的な歌詞が増えてきます。

楽曲としてはコーラスワークを多用したポップな一曲なんですが、どことなく憂いが含まれているところがそれまでの曲とは少し違うところ。その辺りが人気の理由でもあるのかも。

コード進行

Aメロ

E B A E
F#m Am E

Bメロ

G#m A G#m A
G#m F#m B7

キーはE。サビというかAメロ部分の最後に出てくるAmが良い働きをしてます。ブリッジ部にあたるBメロはG#mとAの繰り返しと、比較的シンプル。明るくなりすぎない独特の憂いはこの部分のマイナーコードから出てきているような気もします。

イントロ

イントロというか、「She Loves You」型のサビコーラスから入るパターン。最初はアカペラなので、バンドでコピーすると音程に余計な気を遣わねばなりません。

途中のF#mから突如演奏が入ってきますが、その後に入るアルペジオがこの曲の一つのキーとなるフレーズです。

イントロ部、アルペジオまで

イントロ部、アルペジオまで

ストロークはアコギのみで、エレキはアルペジオ以外入ってないんですが、さすがにヒマなので入れてます。

このアルペジオは曲中で何回も出てきますが、このイントロ部で出てくる1回目のみ、1音目にワケの分からないコードが聞こえます。アコギではそのままEを弾いてるのに、エレキはアルペジオの一発目になんとBmのようなコードを弾いてます。Bm/Eでアッパーストラクチャーを成している凝りようで、まとめるとコード的にはE7(9)ですが、単発でそれを弾くよりも全然インパクトのある響きです。

多分間違えて弾いたのがクールだったとか、そんな理由のような気がしますが、異様なハマりっぷり。

A-B間のアルペジオ

上で解説した最初のもの以外は、普通のEコードの上に単音で登場します。

アルペジオ

アルペジオ

フレーズはこんな感じ。2弦開放を混ぜて弾くと、よりそれっぽくなります。

ところで、このアルペジオはA-Bメロ間で登場する時と、イントロ、エンディングで登場する時で、場所が違います。

登場する場所が違う

登場する場所が違う

A-B間に出てくるときは歌の終わりとかぶって登場するんですが、イントロとエンディングでは1小節空けて登場します。エンディングの一番最後の繰り返し時のみ、また歌とかぶって登場します。

歌と歌の隙間をうまく縫うように弾いている感覚ですが、ほとんど違和感がないので、凄いなあと感心してしまいます。

間奏

間奏

間奏

二人で一度に同じフレーズを弾いているという噂のある間奏。トレブルを上げた明るい音色で弾かないと、雰囲気がちょっと出てきません。

基本的にはコードを弾いて、その後単音でアルペジオの繰り返しですが、右手を間違えないように注意してください。Bコードだけはセーハしているときついので、2〜4弦だけの押弦で十分と思います。最後のハーモニクスはちゃんと出ないと弾いてる自分がむなしくなるので、ここだけでもちゃんと練習した方がいいかも。

その他

基本的にはアコギのストローク。フィルやアルペジオ、ソロだけエレキが登場する感覚ですが、ヒマなので薄くコードを入れてもいいと思います。アルペジオは単純なだけに、右手の弦間違いが致命的です(僕もかなりやりました)。落ち着いて間違わないように。

この曲の最大のポイントはギターでなくコーラスです。特にジョージのパートは低くてわかりにくいところを歌っています。バンドでコピーする際には、音を外さずに歌う練習が不可欠です。Amコードの後ろの「makin' all his nowhere plans〜」の辺りは特に音が取りにくいので外れないように気を付けます。

まとめ

コーラスはバンド全員で歌っている説と、ジョンが一人で多重録音説があります。どっちがほんとかよく分かりませんが、バンドでコピーする際には、どっちにしろ全員で歌わないといけません。コーラスの威力がものすごい一曲で、ちゃんと歌えば聴いてる人を思わず聴き入らせることができますよ。

-Rubber Soul
-