六弦と四人組の部屋〜ビートルズ奏法研究所

ビートルズ(The Beatles)の楽曲における、ギターでの奏法解析やコード進行の分析など。コピーバンドや、コード進行の勉強に役立ちます。

Help!

You've Got To Hide Your Love Away(悲しみをぶっとばせ)

ジョン・レノンの、詩的感覚と繊細さとぶっきらぼうな雰囲気が全て同居したような魅力的な一曲。アコースティックギターとフルートのサウンドは前作For Saleの作風の延長上にあるものであり、一ひねり加えたような凝ったコードボイシングは、次作Rubber Soulも想起させます。

HELP!-STEREO REMASTERE
Emi U.k. and BEATLES
¥ 2,039
Amazon.co.jp

コード進行

Aメロ

6/8 G D F G C F C
G D F G C F
D D/C D/B D/A

Bメロ

G C Dsus4 D Dadd9 D
G C Dsus4 D Dadd9 D

実際のアコギはかなり面白いコードボイシングをしていますが、装飾を取り払ってシンプルに表記するとこんな感じ。基本的にメジャーコードが4つしかないという、ブルースの次ぐらいにシンプルなコード進行になります。全体を通してどこか飄々とした雰囲気を感じるのは、マイナーコードが登場しないのも一つの原因かも。

Aメロ

スクリーンショット 2017-11-01 16.32.17

GからD、F、Cという流れで、一貫して1弦3fが鳴り続けています。これによってコードネームはDsus4、Fadd9となり、少し凝った響きを生んでいる要因ともなっています。時折コードの一部だけに装飾としてハンマリングが入りますが、これまた結構目立っていて良い味を出しているので、出来るだけ忠実にやった方がいいでしょう。

Bメロ

スクリーンショット 2017-11-01 16.29.39

Aメロラストからの表記です。Dのままルートだけが下がっていく王道の展開で、Bメロに流れますが、ここはコードだけのシンプルな構成。後ろで控えめにエレキギターが登場し、メロディをなぞります。

最後の「Dsus4 - D - Dadd9 -D」はアコギの様式美。絶対に覚えておくべき定番中の定番です。

エレキギターパート

スクリーンショット 2017-11-01 16.33.37

メロディをなぞっているだけのシンプルな形。これ以外にやることがないのであとは極めて暇なんですが、なんとドロップDになっています。ノーマルチューニングでは出てこないローDの音がその証拠。この譜面はドロップD用の正確なものですが…

スクリーンショット 2017-11-01 16.35.58

こちらはDの音をオクターブ上げて弾いたノーマルチューニング用。もしライブでやる際にはこの曲のこの部分だけのためにチューニングを変更するのも面倒なので、こちらでも良いかと思います。

まぁ、Aメロはジョンの弾き語り状態なので、その隙にこっそりチューニングだけ変えておくというのもいいかもしれませんけどね。

エンディングソロ

スクリーンショット 2017-11-01 16.30.49

ソロというか、担当楽器はフルート。普通はフルートがいるバンドは中々ないので、エレキギター用の譜面で表記。ギターシンセなど利用する場合はこのまま弾いてもいいでしょう。

こんな簡単版でも。

こんな簡単版でも。

2小節目に1箇所べらぼうに細かい音符があるので、こんな感じで簡略してもいいです。ていうか、こっちの方が現実的でしょう。

まとめ

ジョンのアコギが光りますが、それ以外はほとんどでてこないと言っても良いぐらいなので、必然的にほぼ弾き語り状態になります。


ビートルズの曲を弾き語りする歳にも、Blackbirdなんかに比べて選ばれにくい曲ですが、歌も良い感じでギターも程よく凝ったアレンジなので、もう少し注目されても良いと思いますね。

-Help!
-,